偽物USBメモリ 512GB 見事全額返金の巻 Paypal取引の異議申し立て

先日書いた偽物512GBのUSBメモリの話です。
みごと!全額返金を勝ち取った!

aliexpressには買い手保護プログラムであるEscrow Buyer Protectionという制度があります。

普通に届いたら(問題なく届き、商品にも問題ない)、普通に届いた旨を報告します(これで取引完了です)。
お金を振り込んだのに届かない、届いた商品が破損している、間違えた商品、偽物...等のときは「dispute」を申請する。
今回の申請はこんな感じです。

・商品は届いた
・返品はしていない
・支払いは16.84ドル
・返金要求は16.84ドル
・返金理由は偽物
・詳細メッセージに4Gである旨を記載

これでEscrowが始まったはずです。
通知が売り手側に送付され、売り手側は何時間以内に回答するという義務があります。

もしかしたら製品説明に書いてあったことなのかもしれないし(写真とは違う商品が届く事とか)、輸送時の破損だったり(海外取引の場合、輸送時の破損は買い手側の責任となるはず、だから保険付き発送がある)、買い手側の勘違いもあるかもしれない。
なにぶん英語に不慣れなもので(^ ^;そういう場合があるかもしれません。
だからまず買い手と売り手が話し合う段階に入ります。

しかし!今回は違う。

1.本体に512GBと刻印がある、しかも商品はソニー印
2.実際には4GBしか使えない
3.結論。偽物であり、容量も説明と大きく異なる

もし偽物だったとしても、本当に512GB使えれば、全額返金は難しいのかもしれません。
正々堂々と全額返金を要求しました。目標は「全額返金、そして違法な商品の返品料金を負わない」です。

そうしたら...こんな返事が

6ドル返金でどうかな?
商品に問題あるなら返品すれば全額返金します。

6ドル返金で手を打とうとしています...偽物を売っといて12ドルも取るつもりか!
日本ならおまわりさんに電話してあげるところなのに...残念なことに中国のおまわりさんには知り合いがいません。

オークションの説明文にも「商品に問題があった場合は買い手の送料負担で返品すれば全額返金します」とありますし、
日本から中国広東省までEMSで送り返すと900円位かかります。返品が必要なら「まぁ6ドル帰ってくるならいいか...」と手を打つ人も多いのかもしれません。
(普通郵便なら半額ですが、届いたことを証明こできないから返品時のトラッキング番号ぱ必須です)
でも!違法な商品を返品する送料を負担するのおかしいし!

俺は!6ドルでは手を打たない!!(笑)

目標は「全額返金、そして違法な商品の返品料金を負わない」です。


私からは拒否します。正しい商品か全額返金と回答しました。

その後も

商品を返品すれば全額返金するよ
10ドル返金でどうかな?
とかあほらしいやりとりが続きます。
相手は違法販売ですから、正々堂々正面突破作戦でいきましょう!(ほんとか?)

まぁこんなやりとりを10日続けて結論に達しないと、Escrowは次の段階に進みます。
両者の言い分を聞き、alibabaが判定を下す段階です。ですが...それには10日も待たねばなりません。

そうだ、Paypalに異議申し立てしてみよう。

paypalにログオンし、問題解決センターを開きます。

取引に異議を提出するボタンから、aliexpressに申請した内容で異議を申し立てます。

ここから先は一度やってしまうと画面に入れないのでスクリーンショットがありません。
しかし日本語なので大丈夫でしょう。
(英語のサイトから買い物をしたので書き込み時のメッセージは英語でですよ!)

そうしたら。2時間で返金されました!!
おそろしや。

aliexpressのEscrowは
1.買い手⇔売り手
2.aliexpressの判定
3.その次は??
と手続きが進みます。

Paypalは
1.買い手→Paypal
2.Paypal→aliexpress(異議申し立て)
3.aliexpress→Paypal(異議を受理)
4.Paypal→買い手(異議が受理されました)
5.返金
このように法人間でやりとりがされるから早いのでしょう。
aliexpressのEscrowが続くとどうなっていたか...どうかな~ちゃんと返金されたのかなぁ~。

異議の受理通知に返品の必要性は記述されていません。
もしかしたら返品が必要かもしれないのでしばらくは捨てないで保管します。