計画停電対応 128bitはノートパソコンへ

自宅サーバの皆さん、停電対策どうしてますか?
128bitはatom D510のマシンにUPSが付いていたのですが
(このUPSは大学時代に日本NCRの工場の廃棄場所から頂いてきたブツ...もちろんバッテリは死んでた)
3時間の計画停電には耐えられない!
UPSにはセヴンについてきたドライバッテリを付けているのだけれど、45分くらいで電源が切れてしまう。
atomD510にメモリを1枚、CDROMドライブもLANカードもはずして3.5inchドライブ1つだけにしても...駄目!
もちんろオンボードデバイスは色々disableにして、LANは10Mハーフ設定です。
これ以上省電力は無理!

しかもUPSはシリアルケーブルを接続していないから電池が切れたらプッツンなんです。

もう...これはノートパソコンに移すしかない!でもお金がもったいないから最小で!
我が家にあるノートパソコン...Compaq N1010v

モバイルCeleron 1.6G(モバイルとは名ばかりのデスクトップ用CPU)にメモリが512+128
HDDは壊れてます(- -;。バッテリ干上がってます(- -;

ここから華麗なる変身を遂げて
■バッテリ
ヤフーオークションで互換バッテリゲット!中国からはるばるやってきました。送料込みで3700円くらい。

■HDD
秋葉原で中古30Gをゲット
これでひとまず動くようにはなりましたけれど...モバイルceleron1.6Gは電力を喰うんです。

■CUP
デスクトップ用であるモバイルceleronを取り外して省電力機能つきCPU(真のモバイル用CPU)に変更したい。
モバイルceleronは発熱が大きくバッテリが3時間持つかちょっとぎりぎりなんです。
(何もしていないのにファンが回る回る)

ところがですよ、AMDならsocket形状で換装可否を大まかに判断できるんですが...intelは種類が多すぎて理解不能です(- -;
元々付いているモバイルCeleron1.6GHzはNetBurstアーキテクチャのNothwoodコア、ソケット形状は478。つまりNothwoodコアのソケット478(479と表現されている場合もあるが同じもの)でモバイル用...簡単にいえばMobile Pentium 4-Mならば交換できるはず。
さらに言えばFSBは400M、二次キャッシュは512Kのものが該当すると思われる。
もちろんクロックは低ければ低いほどバッテリの持ちが良いし発熱の問題も無いと思われる。
(オリジナルのCPUクーラー流用のためTDPに注意しなくてはならない)

色々色々調べた結果「mobile Pentium4-M 1.4GHz SL5ZH」というモデルでいけそうな雰囲気が漂って参りました。
このCPU、なんとびっくり中古473円、最盛期には2万円位の値段が付いていたはずなのに500円以下とは...これなら動かなくても「まぁいっか」で済ませられますから購入してみました。
ついでにCPUグリス180円...CPU価格と比較すると高いグリスとなりました(^ ^;
ノートパソコンのCPU換装は初めてでしたけれど、ネジを外して外して外しまくって換装後、無事に起動して一安心。
液晶を閉じた状態ならバッテリは4時間以上持つ対計画停電用128bitが完成しました!