T.M.Lewinからシャツが届いた

ワイシャツが足りない。
仕方ないからT.M.Lewinで購入しました。

CHARLES TYRWHITTとT.M.Lewinで購入した経験からすると...CHARLES TYRWHITTは裄丈が長い、首周りも1cmほど大きい。
もちろん「同じサイズで比較して」です。

私は170cmの痩せ型で、イギリスからシャツを買うと「一番小さいサイズ」が該当します。
CHARLES TYRWHITTとT.M.Lewinのどちらでも構わないのだけれど、CHARLES TYRWHITTはもう1サイズ小さいのが無い。つまりT.M.Lewinで買うのがサイズ的には望ましいと結論が出ました。

前回T.M.Lewinで購入したときは「Traveler」という種別がノンアイロンシャツだったのですが、
今はNon-IronというラインとJohn Francomb Classicsというラインがノンアイロン加工済みのようです。
(John Francomb Classicsの商品説明欄を見ると書いてあります)

よくみたら内側が花柄のものが...ネクタイしているので見えないはずですけど、注文時によく気をつけましょう(^ ^;

それでシャツの質はというと、やっぱり質は落ちているような気がする。
なんというか布が薄くなったような...ぺらぺらというか。
それでも国内ではクレリックばかり、ボタンダウンばかりで「普通の襟」が選べないから仕方ない。
さらにダブルカフだったりするともう「売ってるところ」を探すのが大変、見つけたと思ったら8000円位とかね。
それで紫とかピンクとか...そういう色を探すのはもう不可能です。
白とか灰色、青...そんな色ばかり。
要望に近いのはやっぱり鎌倉シャツ、Online shopでの検索条件をみると本当にたくさんの種類を扱ってます。
(たとえば襟の形を選択する項目が8個くらいある)