冬咲きチューリップの植え付け

ついにオランダからのチューリップが届いた。と言ってもオランダから個人輸入したわけではない。
植物の種とか苗とかそういう生き物の類は個人輸入しにくい(検疫の関係)から手は出せません。
インターネット上のチューリップ球根販売ショップで「冬に咲く」と売り出されていた高級球根です。
どうして高級なのかと言うと...オランダで冷蔵処理されて空輸されてきたから。
球根のくせに飛行機で...なんという贅沢品!!

チューリップと言わず種とか球根とかいうものは、越冬(寒い時期を経験)しないと発芽しないとか、
発芽の温度が決まっているとか(チューリップは8度)、ただ植えれば芽が出るというものではないようで
この商品は夏に収穫された球根を冷蔵庫に入れて冬を体験させます。
そこから外へ出すことによって(冷蔵庫よりは)暖かい冬の入り辺りを春と勘違いして芽を出してしまい
おっとうっかり花を咲かせてしまう...そういう品だそうです。

球根を買って冷蔵庫に入れておけばいいかというと...なかなかそううまい具合にはいかないそうです。
色々ノウハウがあるそうで...しかし!DIY好きとしてはチャレンジしたくなってくる。
でも冷蔵庫に入れる期間が短いと意味がない、今から3ヶ月前にチューリップの球根なんて売っていませんから
冷蔵庫に入れるには「今から来年の秋用」を用意しなくてはなりません。
なんとまぁ、気の長いことか。DIYチャレンジは断念。

球根が到着したら、まず皮をムキムキします。
理由はわかりませんが、剥けと指示があります。たぶんより「寒く(発芽温度8度だし)」するためでしょう。
これが思っていたより手間がかかる。
玉葱の皮むきと同じことを30個もやるわけですから...しかも球根を傷つけないように!

あとは適当に植木鉢へ植え付け。
冬咲きチューリップだからあちこち移動できるように植木鉢で植えました。
でも植木鉢だから来年用の球根は育たないかな...