ちょっと拘りの革靴をなるべく安くゲットする方法とは

ちょっと拘りの革靴
つまり銘柄でいうとクロケット&ジョーンズとか、ロークとかグレンソンとか、メンズファッション誌にでてくるイギリス革靴を安く欲しい!
なるべく安く!ラストとかあんまり気にしないから!(足型がオールマイティなんでも大抵合うとか)
そういう方...私のように限られた予算の中でなるべく見栄えがいい(^ ^;靴が欲しいというケースでは
ebayでじっと待ち受けるのがお勧めです。
プロパー品じゃやだとか、ラストがアレじゃないと駄目だとか...そういう人はお店でどうぞm(_ _)m
たとえば

グレンソンのスエードブーツが送料込み89ポンド
トリッカーズのブーツが送料込み90ポンド

こんな値段普通のお店ではありえません!
夏場に買ったってトリッカーズは4万円を少し下回るくらいのはず。冬なら6万円を少し下回るくらい。
グレンソンのスエードブーツはあまり見かけないけど、まぁ2.5万円では手に入らないんじゃないでしょうか?
(ミツミネではグレンソンのカントリーが3万円で売ってますね)

それで安く購入する秘訣です。
1)まずebay.co.ukのアカウントを取得する
2)paypalのアカウントを取得する
3)paypalとebay.co.ukのアカウントをひもづけする
ここまではどこかのサイトを見ながらやってください。

いつお買い得品が発見されるかわかりませんから準備万端で!

購入準備が整ったらebayをチェックしましょう。毎日!
カテゴリはMens Shoesです。
検索ワードはGRENSONとかTRICKERとかTRICKERSとかTRICKER'Sとか(トリッカーズは出品者が色々表記するから)、alfred sargentとかBarkerとか
数で言えばGRENSONの出品数が一番多い(会社の規模が一番大きいのかな?)、ただし安い低品質な商品がほとんど。
検索結果のアイテム数を192個にして、スクロールして全部確認です。

見た目で「これは!」という商品がわかるでしょうからいちいち開いてチェックはしません(多すぎてチェックしていられないとも言えます)。

これをじっと...何日か置きに繰り返すんです。
繰り返すとスクロールしているだけでどれが増えたのか直感的にわかるようになります。
同時に「これは!」という品もすぐ見つけられるようになるはずです。

じーっと待つ、ただひたすら待つ。
ヤフーオークションでこれをやっても無駄です(^ ^;しかしebay.co.ukでは通用します。

絞込み条件はなるべく緩く、出品者が正しい表記をしているとは限りません!
例えばトリッカーズのカントリーブーツは「Tricker style boot」と記載していました。
トリッカーズもどきなのか、トリッカーズなのか...
ヤフーオークションでは「騙し表記」が横行してトリッカーズじゃないのに「検トリッカーズ」なんてのが横行して酷い状態ですが、ebayではそのような「騙し」は許されないらしくほとんどが正しい商品名を表記しています。
それを当てはめると今回のものはトリッカーズではないか...ぶっちぎりで安価なのに入札がないのは「みんなTrickersで検索しているから」ではないか?(絞込み条件を厳しくする弊害です)
その辺を総合的に考えて出品者にメールしたらB級品の本物トリッカーズだったわけです。

同様にサイズ表記もたまには絞込み条件を外すとよいです。
たまに間違えた表記をつけている人や表記がない(オークションの商品説明欄に記載している)場合もあります。

そうしてじっと...じっと待つこと2~3ヶ月(^ ^;
きっと「これは!」という商品が現れてきます。

この方法の欠点は黒い靴を買いにくいということです。
やっぱり革靴は黒!は万国共通らしく...黒で「これは!」という商品に出会うチャンスは少ないです。
しかもそれが内羽プレーントゥとかスタンダードな品であればあるほどチャンスは減ります。
(もう一ついえば、黒は色彩がないからオークションの写真で良し悪しが判断しにくい)
逆にチャンスが多いのは茶色系、ワインレッド(バーガンディ)、スエード(色じゃないですけれど...)です。

今狙っているのはAlfred Sargent & Sons製のMarks & Spencer(イギリスのデパート?)別注カントリーブーツ
Alfred Sargent & Sonsのカントリーブーツが50ポンドです!
たったの50ポンド!!ありえない!!送料は30ポンドだそうですから80ポンドです。
オールカーフレザーのカントリーブーツがたったの80ポンド....でも関税はどうかな(^ ^;;