エアコン室外機に注油 ぐぉんぐぉんぐぉん

我が家にはNational製の30年前のクーラーがあります。
床置きで、室内機2台を室外機1台で担当する大掛かりなクーラー...半分業務用じゃないのか。

室外機もかなり巨大で一人暮らし用冷蔵庫くらいある。
もちろんインバーター制御なんてされてない!(電気代が高いはず)

この室外機...スイッチONで
シュッシュッ...シャー...シュッシュッ...シャー...
放熱ファンの軸受け部分からはげしく音が、騒音レベルです。
とても夜は使えません(- -;

そこで登場するのは...miniを修理したときに購入したWAKOS フッ素オイル105。
ちっさい(100g位しかない)くせに3600円もする憎いオイル。

室外機のファンを取り外し、軸受けの隙間に...シュッシュッと少量噴射(高いぜ~高いぜ~)
するとですよ、もう魔法のようにキク!
ファンを手で回したときの滑りが違う、これは効いたはず!とクーラーONすると...まるで新品のような静かさ。
(でも室外機のコンプレッサは動いているからその分はうるさい)

3600円のオイル...すごい