横浜市中央卸売市場

今日は横浜市中央卸売市場の開放日に突撃

市場の担当者が市場探検ツアーで色々説明してくれます。
白い板みたいなものは発泡スチロールを圧縮した板です。

市場で使われた発泡スチロールは粉砕され板状にして食品以外用にリサイクルされるそうです。
せっせと発泡スチロールが投げ込まれてました。
たぶん横浜駅にある商業ビルから出る発泡スチロールもここで...(シアルと書かれた発泡スチロールの山がありました)

市場の向こう側はMM21地区、運河があるので直接行き来できませんが向こう側のビルがこんなに近いです。
こんなに近くに市場があるのは...まぁ秘密にしてるんでしょうね。
ちょっと生臭いしイメージがよくないし。
元々は桜木町駅辺りに作る予定だったのを住民の反対で現在の位置に作られたそうです。

市場の中で魚が並ぶところ
昔は外だったそうですが今は衛生的な室内で行われています。
もちろんクーラー付き、マグロはここよりさらに衛生的な場所で取引されているそうです。

最後はサバのさばき
さすがプロ、すごい手際のよさ。でもしゃべりは素人(笑)
このサバは養殖モノ、1匹9000円くらいだそうです。

さばいた後に天然モノと養殖モノの刺身が振舞われました。
養殖モノは脂身が多い(やわらかい)、でも後味がイマイチなような...?
天然モノは脂身が少なく、味がまったく違う。
私はサバの刺身があまり好きじゃないのは回転寿司で出てくる養殖物のせいだとわかりました。
天然モノはアジに似た味(サバはアジ科)でおいしかったです。