革靴を履く前に...修理をなるべく延期するために予防措置を講ずるべし

読みました!!-->押すと喜びます

レザーソール(底が革)の革靴を履く前にしておいたほうがいいこと。
それはソールトップのゴム張り、一見かっこよさダウンだけれどここが一番磨り減るからです。

ソールは「減っていい部分」と「減ったらダメな部分」があって、どこか「減っていい部分」が限界に達した時点で
オールソール(ソールの張替え)をしなければなりません。
これは高い、1万円くらいするはず。
だから予防措置としてソールトップにゴムを貼り付けるんです。

下図は革靴のつま先を拡大したもの、赤点線より上は減らしてはいけないんです。
(よく目を凝らすと赤点線の部分で切れ目があるのがわかるはずです)
それより下は「交換できるように」作ってあるけれど、それより上は修理費用が高い。
今まで何個かレザーソールの革靴を買ったけれどどこのメーカーもそういう注意書きがない。
メーカーが自信を持って展開している商品なのだから(2万円を超える革靴はそういうものでしょう?)ユーザにきちんと説明する義務があると思うんでけれど...。
まったく無勉強で買った人はせっかく修理すれば使える物をダメにしてしまう。

次に磨り減りやすいのはヒール、下図はヒールを拡大したもの、赤点線より上は減らすと高い。
積み上げヒールの再構築が必要になるから。
赤線より下なら修理費はぐっと安く済む。

このようにたまにはひっくり返してソールの確認が必要なんです。
この2箇所の次は...ソール中央部(体重がかかるところ)でしょうね。

今まで購入したのは

スコッチグレイン
ソールトップはゴムになっていて耐磨耗性が高い
ヒールは硬いゴムで減りにくい、でも積み上げヒールじゃないから色気はない

アルフレットサージェント
ヒドゥンチャネル(ソールの縫い目を隠す方法)で見た目重視のためソールトップは革のまま
ヒールは積み上げの釘打ちのレザーヒール(ハーフラバーヒール)

CHARLES TYRWHITT別注品
ソールトップは革のまま、よく磨り減ります(- -;;
ヒールについては定価320ポンドライン(靴のライニング=内側にも着色がされているタイプ)とそれ以下で違います。
定価320ポンドラインは積み上げの釘打ちのレザーヒール(ハーフラバーヒール)
それ以外は積み上げにラバーヒール

とスコッチグレインが一番耐久性がある(良心的メーカーだね)。
アルフレッドサージェント1足にCHARLES TYRWHITT別注品が5足ある。
靴修理屋さんで6足分ソールトップをレザーにすると6000円~10000円もかかりますから予防措置は大切だってことです。