水周りのコーキング修理

水周りのコーキングがカビ?か汚れ?か黒ずんで見た目がよくない。
風呂場の一部は剥がれかけていたし...ここはコーキングしなおすのが吉!

必要なのはコーキングガン

とコーキング剤(水周りは防カビ剤入り)

こうやってセットしてトリガを引くとシーリング材がぐにぃーと押し出されてきます。

コーキングのやり方はネットで調べられるので省略!
自分でやってみた感想としては...

  • 高いコーキングガンは必要なかった。安い300円のものでOK
  • 古いコーキングを剥がすためのヘラも必要(無いと大変)
  • コーキングした後に抑える「ヘラ(プラスチックで角が丸くなっているヘラ)」は絶対必要
  • 風呂場の湯船一回りコーキングするにはコーキング剤が1本あればよい
  • コーキング後12h位は水に触れないようにする必要がある。前日風呂に入った後雑巾で水気を取り、翌朝コーキングすると夜風呂に入れる
  • やり直しが発生するかもしれないので使用後のコーキング剤はとっておくとよい(ノズルは綿棒で掃除、本体はサランラップで乾燥を防ぐ)

    綺麗になりました。