革靴の底にゴムを貼り付け ラバートップに

1月中頃革靴を修理に出しました。
革底をラバートップにしてたしか2500円位、今あるラバートップではない革靴を修理すると
それだけで1万円位かかるはず。これは痛い(- -;

そこで自分で革靴の底にゴムを貼り付けました。

東急ハンズの革靴関連製品売り場を探検してコロンブスのスベリ止めステッカーをゲット!
ゴムに接着剤がついてるだけの商品...普通はソールにペタっと貼り付けます(左右2枚分入ってます)。

これを革底のトップに合わせて切り抜いてペタっと貼り付け。
貼り付ける前に接着面を平滑にするため付属の紙やすりで少しゴシゴシと研磨します。
ツルツル状態になったら一気に張る!位置調整で剥がしたらもう駄目ですから一度きりの勝負です。
貼り付けたらよく圧着しましょう。

貼り付ける範囲が狭いので2足分(左2右2)貼り付けることができました。
(もっと小さくすれば3足分位いけたかな?)

もちろん見た目はイマイチ!だけど靴を裏返して見る時なんてほとんどないですしね。
(履いている状態では見えません)
これで寿命が延びればそれでいいんです。
気に入らなければ剥がせば直りますしね。