ボトルフィラーを使ってビールの瓶詰め

先日仕込んだビールの瓶詰め
仕込んだのはBLACK ROCKラガー缶
イーストは付属のエール
追加で香り付けのためザーツホップペレットを使って10L仕込み
(モルトを煮込むのではなく、別途1リットル鍋でホップペレットを煮込みホップ汁を作る。そのホップ汁を若ビールに追加する方法でやりました)
本来17L仕込みで調整されている苦味が2倍近くになってるはずだが...大丈夫かな?

今まで瓶詰めはポリタンクの蛇口からダイレクトに行ってました。
でも蛇口口径とビール瓶の口径がぴったんこのため空気抜きがうまくいきません。
ゴポッゴポッとこぼれてしまう事も多々有りました。
(手で瓶を持っているのもつらいし...)

先日ついにボトルフィラーを通販でゲット

パイプの先にスイッチがついていてビール瓶の底に押し当てると水(若ビール)が出てきてくれます。
底から離せばピタッと止まる優れもの。

欲しいとは思っていたんですが、送料払ってコレだけ買うのも気が引けて...(本体700円、送料600円ですから!)。クリスタルモルトを注文するついでに買いました。

ボトルフィラーと蛇口は口径が違うので異径ジョイントが必要です。
でもそんなの売ってないのでホームセンターでホースを買って自作しました。
蛇口とボトルフィラーを持って行ってサイズ確認しながらよく考えて購入しましょう。
シリコンチューブにしようとも思いましたがシリコンは強度が弱い、ホースのように使うならシリコンですが異径ジョイントにするなら網ホース(?)の方が強度が高いはず。3種類10cmづつで200円位でした。

今回はドライモルトではなくグラニュー糖でプライミング
(補砂していないのでモルト感は十分なはず)、グラニュー糖をお湯に溶いてポリタンクへ投入、ポリタンクを振り振りして十分攪拌しました。
(後から考えたら砂糖50gを溶かすのに水500gも必要なかった!!ちょっと薄味になったかも...)

さっそくボトルフィラーを使って瓶詰めすると...かなり楽!
これは最初に買ったほうがよかった!!
でもやっぱり多少は床にこぼれますね(笑)