革靴は実用品ではなく趣味の品のようだ

よくよく革靴について調べると、結局コレは実用品ではなく趣味の品のようだ。
舶来品嗜好が高い日本人にマッチしたように「古い製法で」「欧州産」が好まれ、実用的なセメント製法(接着剤を用いた製造方法)は下の下という位置らしい。ガラス仕上げ(革の表面をすこし削って樹脂塗料でコーティングしたもの)も下品

まぁ趣味の品なら3万だって10万だってよかろう(俺のフレイザーは中古で200万もした。それに比べればゴミみたいな値段だ)。
しかし「靴を脱ぐとき擦る」ような脱ぎ方をしてしまう人には豚に真珠猫に小判だ。
コルドバ(ダイエー系列)でそれっぽい奴を買うのがいいんだろうか。