ラガービールの澱引き実施

初めて仕込んだラガービール(ちゃんとラガー酵母)は透明度がいまいち。なんだか濁ってます。
透明度の高い黄金色にするには澱引きする必要があるはず。

澱引きとは?
一次発酵容器内の上澄み液を別の容器に移し替える行為
(沈殿した澱、つまり酵母を分離する)
これによりビールの透明度が上がり、酵母の匂いも少なくなる

うちの発酵容器はアウトドア用ポリタンクです。これを別のポリタンクへ上澄み液だけ移し変えます。
サイフォンでやると用具の掃除(殺菌等)が面倒だし、手軽な方が結果的に乳酸菌汚染が少ないはずとの考えから蛇口から直接変わりのポリタンクへ移します。
(ポリタンクの蛇口を使うため横倒しにしますが、この時「澱」が多少舞い上がるので横倒しにした後しばらく放置してから実施しましょう。)
蛇口を捻りビールをドボドボと移します。
ホコリが舞い落ちないようにポリタンクの口をビニールで覆って少しづつ移し変えます。ジャバーっと移し変えると澱まで移動してしまいますからチョロチョロと!

すると元の容器には大量の澱が残るはず。