デスビを回して進角調整 kentの進角調整してみた

先日自作タイミングライトで進角を調べたところ0~4度辺り
これを10度くらいにしたい。
簡単に言えば「デスビを固定しているネジを緩めてデスビそのものを回して調整する」らしい
ところが詳細がよくわからない。
デスビを固定しているネジはどこ?
回転はどちら?(時計周り?反時計回り?)

webで調べるとデスビを時計回りに回すと「進角」するらしい。
kentの情報じゃないけれどタブンこういうのは共通だろう(もし反時計回りだとしても遅角?となるだけなのでタイミングライトがあれば判断できるはず)。
そこで次はネジ、どのネジを緩めればいいのか...これは鏡を使ってデスビ周辺を観察してソレっぽいネジを発見、みごとアタリだった。

図で表すとこんな感じでした。

デスビキャップを外す必要はありません。デスビの下のほうにあるネジを少し緩めるとデスビが回せるようになります。ボルトはほんの少し(1回転分くらいでした)緩めればOKなはずです。
デスビを時計回りにほんの少し回し(恐らく360度回すと進角が360度進む、現在の進角は4度なので6度分だけデスビを回転させる)緩めたボルトを締めてからエンジンをかけます。
アイドリングさせながら自作タイミングライトで進角を見る。
進角はこの図の通りエンジンブロック側の目盛りで読み取ります。

あれ、目印が無い?と思ったら20度くらいの場所に(爆)進角の目印をおもいっきり行き過ぎてました。
一旦エンジンを止めてデスビを反時計回りに少し戻して再度タイミングライトで...バッチリ10度位!

進角調整するとアイドリングが不安定になるので、アイドリング調整します。
今まで調子が崩れてたけれど、やっぱり調整すると違いますね!