久しぶりの不調 エンジンパッスンパッスン

久しぶりにやられた...
(いや少し前にマフラーの釣り具が折れたが...)

冬に調節したキャブのアイドリング調整がズレてきたので再調整
ここまではいい、シンクロメーターで同調を合わせてあとは回転数をみながら...
ところが、最近雨続きのためタコメーターがおかしい。
ピコンピコン飛び跳ねて回転数がわからない。エンジンが止まっているときでもイグニッションONでピコンピコンと飛び跳ねますからメーターが壊れたのかな...。
まぁ乾いてくると直るから気にしてませんです。
達人になるとエンジン音でアイドリング調整できるという話ですが、私はまだまだ達人ではないようです!
エンジンの音を頼りに調整して「まぁこんなもんだろ」と走り始めて10分後、もうおかしい。
アクセルを踏み込むとゴフッゴフッと息継ぎです。
濃いのか薄いのか...とにかく停車してプラグを抜くと薄すぎるようです。
プラグの先に白いものがこびり付いてる。これは一体何?!
たしか薄すぎるとエンジンが壊れるはず...非常によくない!

でもまだメーターは回復せずピコンピコン飛び跳ねてますからちゃんとした手順で調整できません。
仕方ないから全気筒少しづつ濃いめにして走り始めてみて...やっぱりダメ。
こりゃ参った。横浜駅近く待て走ってきてしまったので戻ろうにも戻れない。
仕方ないのでまた音を頼りに調整して...今日だけで5回は調整しました。
ああ精密回転計が欲しい(4万くらいする模様なのでとても買えません、そんなの買うならタコメーター直しますよね)...。

いろいろやってると水分がとんだのかタコメーター復活!!
今度はちゃんとタコメーターを見ながら調整してバッチリです。
夏場は冷却ファン回しっ放し(強制スイッチON)なので調整もファン回したまま行ってます。
ファンが回るとアイドリングが落ちるからその分ちょっと高め...ファンが止まると1000rpm位

今後はタコメーターがおかしいときにアイドリング調整するのはやめようと思った一日でした...。