時には中国がうらやましく見えるときもある

中国は色々と問題がある。それは発展途上国だから仕方が無い。

国家食品薬品監督管理局の前局長が多額の賄賂を受け取ったとしてなんと「死刑」だそうだ。
政治権利の終身剥奪、全財産の没収も命じている。
社会主義ならではの判決だとは思うが、重要な職権を持つ公務員が賄賂を受け取った場合、それは数億に及ぶ国民への背信行為だ。一人一人への罪を積み重ねれば死刑も妥当ではないかとついつい極端な考え方になってしまう。

翻って日本は...なんとか還元水の人が死んだ。「やっぱね」というのが国民大多数の見方じゃないだろうか。命で償う必要があったのかはわからないが、最後まで嘘を突き通したのは重大な罪で同情の余地はないだろう。