2007年GW前旅行-岐阜 1日目

GW前に木金土日で休みを頂き岐阜まで旅行してきました。
目的は世界遺産白川郷の合掌造りを見ること!
しかし岐阜は遠いです。

水曜の夜に横浜を出て小淵沢へ
雨の中走るのはつらいです、特にフロントウィンドーの曇りが...信号で止まるたびにフキフキしなければなりません。

途中で雪が降ってきました...河口湖辺りはかなり降ったようで中央高速も通行止め。
下道で行かなくてよかった(下道=河口湖経由)。
走っているとフロントウィンドーに雪が積もる(- -;;
雨の後に雪が降ってきたので路面には積もっていませんでしたので頑張って爆走です。
オーバークールで水温が低くヒーターが効かない...さむっ。
小淵沢に深夜到着、すぐに寝て翌朝また出発です。
朝見たら小淵沢も積もってました。

小淵沢から奥飛騨温泉郷へひた走ります。
普段なら小淵沢から松本までは下道ですが、今回は松本から先が長いので高速です。

松本から国道158号線でひたすら西へ、安房トンネルへを抜ければ奥飛騨温泉郷のひとつ、「平湯」です。安房トンネルは650円と高額ですが、道はここしかない(峠はまだ閉鎖中)、それに松本からの距離を考えると峠が越えられたとしても安房トンネルを走りますね。

宿は安房トンネルを抜けてすぐ、まだ時間が早いので奥飛騨温泉郷の一番奥まで行ってみました。

新穂高温泉の槍見館というところで温泉入浴、この辺りはどこの立ち寄り湯も500円です。こんな立派な宿なのに500円...。
趣のある建物、もちろん室内もすごかったです。

これはロビー?和風だから「ロビー」とはいわないか?!

館内には自動販売機がありません、これが自動販売機代わり?!

川沿いにある宿なので露天風呂も川に沿っていくつかあります。

ちょっと宿泊してみたいかな?と思いましたが、この日空室があったのは一番高価な離れの客室。一泊一人30000円でした(@ @)。
今はハイシーズンなので一番安い部屋でも一泊一人20000円位かな?
もちろん宿泊しません!!

本日の宿は「ひらゆの森

一泊夕食付で一人7000円、素泊まりなら4000円
この宿泊してみてわかったのですが、この宿は古い温泉旅館を買い取って日帰り入浴施設を増築したものでした。
日帰り入浴施設は真新しい感じ、宿泊施設の方は古く床がぎしぎしいったり...まぁこの辺りの旅館はそんなもんでしょう。合掌造りの客室は1000円高いだけでしたが、白川郷に「本物の合掌造り」を見に行くのだから安い方でいいでしょう。ひらゆの森webサイトからは合掌造り客室が選択できないみたいなので電話で問い合わせしてみてください。(合掌造り客室は数が少ない)

素泊まりと夕食付で3000円違うのは夕食に出てくる飛騨牛のせいです。飛騨牛は黒毛和牛を飛騨牛規格で育ててチェックされたもの。だからすんごく高価です。ほんの4切れしか出ません。食べるのはひらゆの森webサイトにあるレストラン「もみの木」ではなく、旧旅館側の食堂で食べます。素泊まりの場合はもみの木で食べることになるでしょう。なんせ街に出てもほとんど食べるところありませんから...(もみの木はPM9時まで営業)。
山菜、飛騨牛、川魚で3000円という値段はどうかな...と一瞬思いましたがおいしいご飯でした。
(とにかく飛騨牛が高いんでしょう)
普段なら絶対素泊まりにしますが、始めて行く所で何時に到着するかわからなかったので夕食付きにしました。素泊まりでレストラン「もみの木」にて蕎麦でも食べるのもいいかな?(安くなるし)