コンポストメンテナンス

庭に設置してあるコンポストのメンテナンス
我が家は生ゴミを出しません。コンポストにポイ
こうすればゴミ出しのときに臭い思いをしなくて済むし、ゴミ出しし忘れて臭くなってしまうこともないから。幸いにして庭がある方にはお勧めのゴミ処理です。

ゴミが分解されて土になる。ハズなんですが...
イマイチ分解されていない。
夏のころは分解が早くて生ゴミがすぐに見えなくなったのですが最近は生ゴミがなかなか消えない...それにメタン臭もします。
多分父が雑草を沢山いれてしまって分解しきれずに悪循環になったのかな?
本来コンポストの中身が一杯になったら「枠」となるコンポストを引き抜いて残った「山(生ゴミ)」をそのまま熟成させるのですが今のままそれをやったらきっと臭いが...。

仕方ないので庭に穴を掘ってそこに中身を移すことにしました。

穴堀りって大変な作業ですね...この穴は2つ目(奥のほうにもう1つ掘って埋めました)なんですが土を掘り「出す」のがなんせ疲れる...。
穴を掘ったらコンポストから生ゴミを取り出して穴へ...くさっ!
1)少し生ゴミを入れる
2)生ゴミの上に土をかける
1)→2)→1)→2)→...繰り返しです。
コンポストから生ゴミを取り出していくと下の方は臭いがありません。
色も黒土っぽいし分解できていた模様...臭い部分との境目は雑草でした。

未乾燥の雑草をコンポストへ入れるべからず

穴掘りを進めていきますが虫がほとんど出てきません。
植物が植わっていない部分は土が固くなってしまって虫が生活できないんでしょうね。コンポストから穴へ生ゴミを移していくとコンポストの中からは少し虫が出てきました。虫にとってはメタン臭がしてもコンポストの中がいいようです。
でもメタン臭がしてこなかった時期にコンポストをかき混ぜるともっと虫を目にしたんですが...少なめなのは冬以外の理由でしよう。

今夜からまた生ゴミをコンポストに入れることになりますがよく分解されるよう心がけて生ゴミを入れようと決意した腰痛の夕方でした。