本日冬本番なり 寒すぎる

ただいま室温は18度

今日は冷たい雨で猛烈な寒さ、おまけにここ(ウチ)は山の上なので冷える冷える
我が家のメイン暖房はコレ

スウェーデンのバイキング(POD)という名前のストーブです。
いまどき珍しい対流式ストーブで利点はやっぱりストーブでお湯が沸かせることかな?
見た目はすこぶるよくない(- -;;工場ストーブの風格です。
欠点は対流式なので床付近と天井付近で温度差が出ること、座ったときに寒くても立ち上がると頭の部分は暑かったりします。仕方ないので扇風機を弱で動かして強制対流させています。
小窓からみえる青い炎で温度を調整します。100%アナログ機器(耐震消化装置も機械式です!)

青い炎で有名なのはアラジン社のブルーフレームでしょう!

円形耐熱ガラスで青い炎をデザインに取り入れた39Kシリーズは東急ハンズにばっちり展示されている。(もちろん高価ですけど)

デザインが洒落ているといえばもうひとつ、国産でもとびきりのがある。
ニッセンの石油ストーブ
ニッセンといっても通販のニッセンではなく日本船燈の略

どうですかこのデザイン、お湯が沸かせないので実用性はいま一歩だけれどこれが部屋にあったらステキチックだと思いませんか?

うちの親がバイキングを買ったときにどうして主流のアラジン社ブルーフレームにしなかったのか聞いたところ「ブルーフレームは部屋の真ん中に置かないといけない、バイキングは壁際に置ける」とのこと。たしかに言われてみればブルーフレームは本体中心に円形に放熱されるので部屋の真ん中に置くべきだろう。

どうやら妻の実家にはニッセンのストーブがある模様。
だが最近は石油ストーブを使っていないようでそのうち譲り受けたいなんて思っているけれど、ニッセンのストーブは出力が小さいんだよなぁ~