自宅サーバはVMWareで構築しよう

ちょっとコンピュータ好きであれば「自宅サーバ」にあこがれるはずです。
なんせ自宅サーバであれば制限がないに等しい(頑張りによる)。
転送制限もストレージ制限も無いしインストールされるソフトウェアも自由自在

例えば128bitにあるcameraフォルダなんてそれだけで10G近くある。これはjpgの他にD70のrawファイル(1ファイルおよそ5MB)を保管しているためです。

webmailでは@128bit.dyndns.orgのメールがもう何年も運用されていて、容量制限なんて気にする必要がありません。

しかし自宅サーバ運用は甘くないです。

  • ハードウェアの故障
  • 一般的なフリーblogやいわゆるホームページ用スペースは管理者がいてきちんと対応してくれている。運がよければRAID構成になっていてさらにバックアップも取得されているはず。運が悪いと何もされていない。フリースペース何もしていないケースが多いのでは?規約に「サイトが障害により消えるかもしれないのでバックアップしておけ」と記述されていませんか?今まで経験した故障は...HDD故障、電源故障、マザーボード故障、ルータ故障等。故障なんてしないから大丈夫だよという方はサーバ運用に向いていません(笑)

  • ネットワークの断線
  • メールサーバを運用する上で意外に気になるのがこれ。ヘボイルータだと大量転送時にハングアップしてサイトダウン→メール受信不可になってしまう。ネットワーク機器は低速でもいいからハングアップしないものが必要となります。(ハングアップ→手動電源OFF/ONNを出先で対応できない)

  • 継続的ソフトウェアのアップデート&アップグレード
  • セキュリティ上問題があるソフトウェアはアップデートしなくてはならないし、新機能を使いたければアップグレードしなくてはならない。フリースペースを使っているのであれば今あるサイトを維持しつつ、他のサービスも並行で...というのが楽だけれど、まさか自宅サーバを2台並行稼動させるわけにもいかない。それは大変な作業だから一発切り替えに近い形をとらざるえない。

    それでもサーバ運用する理由は...

  • デジカメ画像を全てオンライン上に置きたい
  • メールの容量制限を気にしたくない、どこからでもメールを見たい(webmail)
  • 広告大嫌い
  • 趣味
  • こんな理由が考えられる