ヘッドフォンゲット! audio-technica ATH-A500

先日壊れて修理したヘッドフォン
やはりダメだったようで...。
色々調べて今度は密閉型の大口径タイプをチョイス

  • ヘッドフォンの種類
    • インナーイヤー型
    • 昔から携帯オーディオの標準

    • カナル型
    • 近年流行のタイプ、耳栓のような構造になっているタイプ

    • ヘッドバンド型
    • 頭の上にバンドがあるタイプ

    • ネックバンド型
    • ヘッドバンド型のバンドを首の後ろへもっていったタイプ

    • 耳掛け型・クリップ型
    • クリップを外耳に引っ掛けるタイプ

  • ヘッドフォンの構造
    • 開放型(オープンエアタイプ)
    • ヘッドフォンの音が外に駄々漏れタイプ(漏れないようにあえて対策していない)

    • 密閉型
    • ヘッドフォンの音が外に漏れないタイプ

    • 半密閉型
    • 密閉型なんだけれど多少外の音が聞こえるようになっているタイプ(密閉度合いでメーカーが通称しているらしい)

    この中からヘッドバンド型の密閉型を選択した。本当は開放型の方がよかったけれど開放型を電車の中で使うのは小型スピーカーを電車に持ち込むのと同意義になってしまうので×。


    大口径タイプはやはりデカい。これを外で(通勤で)使おうという人は変人認定だろう。
    しかし評判通りの装着感で「暑さ」がなければ良好です。

    値段は9800円、秋葉原の石丸電気本店で購入

    ここは大量のヘッドフォンが展示、試聴可能となっている。(置いてあるのはヘッドバンド型のみかな?そういう売り場でした。)
    価格はヨドバシ秋葉原店と大して変わらない。ヨドバシは必ずしも安いとは言えないので要注意!ただし秋葉原のプライスリーダーであるのは確かです。
    石丸電気のポイントカード(無料で作れるそうです)に10%貯めてCDを買うもよし。私は「これだとビックと同じなんだけれど...といったら10290円(ヨドバシ価格)が9800円になりました。(ただしポイントは無し)」昔は通用した値段交渉がここではまだ生きているようです。ヨドバシなんて絶対引かないよね...。

    今まではsonyのeggoを使っていたけれど明らかに違う。
    eggoは120gこれは260gで倍の重さ、しかもケーブルが太くて全体では3倍近く差があるに違いない。
    値段は同じくらいだがATH-A500はイヤーパットの交換が可能でぼろぼろになっても1500円で復活できる。ヘッドフォンの寿命はスピーカーユニットではなくイヤーパットが先に尽きるのではないだろうか。
    ただ外に持ち歩くものはケーブル断線が先に繰るかもしれないけれどこれだけ太いケーブルが断線するだろうか??