雨漏り対策

もちろんフレイザーのこと
セヴンは雨のとき乗ると幌をしていても濡れる。それは仕方がない。

でも駐車しているときに雨水が足元に溜まるのはいかがか??
運転席側はペダル類があるから仕方ないけれど助手席側の足元を覗き込むとあちこちに隙間がある。
ボンネットを開けて確認すると太陽の光が差し込んでますよ!!
これじゃー水が流れてくるの仕方がない構造です。

そこで隙間を発見し次第シリコンシーラントで埋めているわけですが...ヒーターコアをはずさないとヒーターコアの対策ができない。
こりゃー梅雨前に対策できるかなぁ?
工具がひとつ足りないんだけれど...。

memo
ヒーターコアを取り外すにはM10のレンチで柄の長いものが必要

なんとー
先ほど調べたらヒーターコアを外すボルトがM10
そしてボルトがある隙間がM10のソケットレンチ入らず
スカットルを外さないとヒーターコアが取れない模様!
ひでぶ!
スカットルというのはこの写真の赤い部分

それってメーターとか全部じゃん!!
5cm位ずらせばいいんだけれど...まず機械式スピードメーターのワイヤーを外さねばならん。あとは何かなぁ??
ちょっぴり怖い...。
他の方法で対策すべきか?!