saecoのプリミアカプチーノタッチプラスをゲット

| コメント(0)

実家にもエスプレッソマシンが欲しいと言われたのでヤクオクとメルカリを定期巡回しながら安値のマシンを探していたところ、少々難有りのプリミアカプチーノタッチプラスを見つけた。
これはコンビニエスプレッソマシンのようにミルクタンクがあってワンタッチでミルクも抽出できるモデル(ただしミルクタンクに冷蔵機能は無い)。
1111primea01.jpgうちにあるタレアアッチもかなり業務用だが、さらにすごい。トレーが電動で上下したり水タンクやコーヒーカスタンクがやたら大きかったり、豆タンクのサイズ(量)も多い。
肝心の欠点はというと、水タンクの接続部分からじわりじわりと水漏れするとのこと。
うまく接続できると水漏れしないけれど、漏れるとじわじわ漏れてタンクの水が全部でてしまい机の上が水びだしになるから注意してくれと言われた。
まぁ、なんかのパッキンか...グリスを塗るか水道用のシールテープでも巻けばOKかな?と楽観視していた。
ところがどうにもうまく修理できない。水漏れは「じわりじわり」だからエスプレッソを入れたら水を抜けばほとんど被害を受けないが、それって変。
なんとか直らないかネットで調べていたら「Service Manual Prime」と「Saeco Primea Parts」で検索できる外国語のサービスマニュアルとパーツリストPDFを見つけた。
このPDFにはパーツリストやその分解図、本体の分解方法が記載されていて修理するとき非常に役に立つので保存しておいた。
問題の水漏れ部品は下図の赤い部品、これはゴムのパッキンで左側にある水タンクの接続口にぴったり合わないと水漏れする。
緑色の部品で固定されていて、これはネジ止めされていない。少々わかりにくいが緑色の部品を手でぐりぐりすると「なんとなく外れそう」な気がするけれど簡単には外れない。ここは無理にやると折れるし、力が足りないといつまでたっても外れない。ニッパーを開いて部品の隙間に差込み(開いたのは2箇所で力をかけるため)、ぐぐっとてこの原理で取り外せる。
saecoparts.png実際手にすると小さな部品だけれどゴムで補修できなかった。一応水道用シールテープを巻いて少しきつくしてみたけれど水漏れは収まらず...ebayでパーツを購入した。お値段3.5ドル。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2018年5月16日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「micro:bitを試す」です。

次のブログ記事は「テルモロッシのエコサーモ1000をFFストーブにする(オリジナルはFE)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。