アウトランダーPHEVをユーザー車検

| コメント(0)

初期型のアウトランダーPHEVが2回目を迎えた(つまり5年目)。

2年前の車検は中古購入直後だったから三菱自動車で車検をお願いして総額11万円。
明細を見るといろいろ点検しているなぁとは思うが、セヴンに乗っていた身からすると「こんなに点検必要か?」と思う。
だから今回はユーザー車検、今まで1度だけゼロワンをユーザー車検で通したことがあるけれど、かなーり前で記憶が定かでない...。
ネットを調べて情報収集すると困難な改正はされていない模様(いや楽になっている?)
特に今回は無改造の車だから光軸さえ問題なければ何もせずとも通るはず。
たまにエンジンルームを開けたとき冷却水とオイル量を見ているが特に問題ない(冷却水が漏れたら甘いにおいがするし、オイルが漏れたら駐車場に染みが出来るし)。下回りの軽い目視確認(蛇腹ブーツとブレーキパット)は先日スタッドレスタイヤを交換したときに実施して問題なかった。
エンジンオイルは4.2万キロで実施したばかり。
発炎筒だけ新しく購入し、あとは24ヶ月点検記録簿を一応記載し、車検場の予約をして車検を取ってきた。

重量税が20000円、自賠責25830円、手数料1800円で総額47630円、懸念していた光軸も狂っていなかったようで調整費用かからなかった。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2018年1月17日 15:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「快適な夜を求めて。エアコンの温度設定をRaspberry Piで切り替える USB電源制御」です。

次のブログ記事は「インスタ栄えするためにd700で撮影してスマホアップロードできるようにする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。