2017年1月アーカイブ

富士山ペレットの残りが10袋を切ったので新しくペレットを買うことにした。
今度はやまなしペレット、なんとほったらかし温泉のすぐ近く、しかも土曜日営業で買いやすい!
(富士山ペレットは土日休みなんで...)

売っているのは飯島製材所という製材所で、なぜだかわからないけれどインターネットで検索してもなかなかヒットしない。
「やまなしペレット」で検索するとちらほらヒットするも、メーカーのwebサイトがなかなかでてこない。
ここのペレットは10kgで450円(税込み)、500kgの業者用が1kg43円(税込み)だから10kgで業者価格にかなり近く「すごく安い」と思う。
まだ燃焼させていないが、燃え具合はどうなのか気になる。

ペレットストーブで薪を燃やす

| コメント(0)

ペレットストーブって強制排気しているわけだから、薪も燃やせるんじゃ?

そう思っていたときもありました...
ためしに、30cmの木材を突っ込んで燃やしてみました。
普通にペレットで点火できるような場所に木材を突っ込んでスイッチON!

ペレットに点火し、炎が大きくなってきた後木材に火が移っていきます。
あつい!めちゃくちゃあつい!!!火力大きすぎ!!!

突っ込んだ木材は薪ストーブ用燃料としてはかなり小さいはずですが、とにかく火力がものすごい。
熱風が出てくるし、本体も加熱して、なんかケミカルちっくな香りが(どこか溶けてる)。

やっば!

と思ってももう遅い、電源を落としたら排気が停止するからまずい。電源を入れたまま扉を開けるのはもっとまずい。
仕方ないから後ろから扇風機、上からエアコン送風で本体をどんどん冷やす!とにかく熱をどんどん奪うしかない。
だいたい30分くらいで燃え尽きて、なんとか壊れずにすんだ。ペレットストーブで薪をもやすのはNG!

自宅のネットワークをワイヤレスゲート FON 3Mプランに切り替えた。以前はmineo Aプランで常に低速モードで利用(200k)

結論から言うと、FON 3Mの方が使いやすい。なぜなら一番遅い時間帯でもmineoAの低速200kと同じくらい出て、オフタイム(夜中、昼間)はもっと早い。
もちろん3Mbpsにはとうてい届かない速度だが、平日14時くらいでダウンが450Kbspくらいでている。しかもネットワークの仕組み上横入りしやすい。

このネットワークの仕組み上というのは恐らく帯域制御がポリシングというもので、2秒くらいごとにバースト転送がくる。
そのときはもっともっと早い(1Mbpsくらい出る)から横からhttpコネクションでデータ転送できる。短いコネクションの集まり(web)は体感速度的に速く感じる。
逆に言えば短いコネクションのときだけしか速くならない。アプリのダウンロードとかクラウドストレージとかそういうのも全滅で、web閲覧(http)だけ早い。
とにかく長いデータ(ftpや動画)はまったく駄目、なにせポリシングはパケットが破棄されるから再送が発生するし、下手するとコネクションが途切れる。
その証拠にやたらhttpsで「接続を確立できませんでした」が出る。
windowsのリソースモニタでwi-fiのグラフを見ていると以下の図でポリシングのようなガタガタグラフになる。mineoAの場合はシェービングのような200k張り付きグラフになる。

policevsshape-a.gif動画を見るときは帯域が安定しないとつらい。つらいというよりワイゲは動画全滅!!だからmineoAの方を進める。再生品質144ならなんとか閲覧できる。
でもmineoAではWindowsUpdateがいつまでたっても終わらない。ワイゲはグラフガタガタですけど、時間当たりに転送できる「量」はmineoAの倍くらいある雰囲気なのでWindowsUpdateできる。何より深夜はかなり早いから夜中に走らせとけばOK。ワイゲは値段が2.5倍だけどこれ以上遅いとWindowsUpdateがつらい。

スピードテストも当然だめ。webを見ているとかなり速度を出しているような人もいるが、そんなの嘘じゃないですかね。だってポリシング適用されたら長いデータ転送であるスピードテストなんてズタボロですよ。そういうレビューってサービス開始直後で帯域が余ってる(ポリシング適用前)じゃないでしょうか?

ペレットストーブの燃料費

| コメント(0)

ペレットストーブで燃料費を節約しようという考えの人はほとんどいないと思います。たいていの場合燃料費は高くなる。なんせ木質ペレットがとても高いから。
私は富士山ペレットを工場まで買いにいって10kg500円(税込み)ですが、お店で買うと650円(税込み)くらいじゃないでしょうか?

東京電力のスマートメーターが設置され、30分ごとの電気使用量がweb閲覧できるようになっていますので去年と比較してみました。
尚、ペレットストーブの利用開始は12/19、今年の12月はかなり暖冬でした。さらに我が家にはアウトランダーPHEVがあり、充電すると6kWくらい食われます。
...よくわからない

もちろんエアコンが動いていないから減っているとは思うが、外気温との兼ね合いだし、途中途中でアウトランダーの充電が入ってきて比較困難!
唯一わかったのは去年の年末は山梨に居て不在、今年は鎌倉、それでも消費電力が減っている。5日間家にいるのと不在なのではずいぶん違うはずだからこの部分からすると...いや全然だめっすね。60kWくらいしか減ってないから2000円くらい。5日でペレット50kgですから2500円くらいかかる。今年は犬が増えて二部屋をくっつけた居間にしているから去年より光熱費が増えて当然な部分もあって...

とにかく節約にはならない。
だいたい電気代は燃燃料費調整額や毎年高くなる再エネ発電賦課金があって金額だけじゃわからない。

屋根裏換気扇結露

| コメント(0)

屋根裏換気扇は湿度センサーの後ろに温度センサーを入れて湿度60%、屋根裏温度18度のとき動くように設定してある。なぜ18度なのかというと、熱帯魚用の逆サーモを使っているから...。
そういうわけで真冬になってきてまったく屋根裏換気扇が動かない。
先週までは何日かに一度暖かい日があって、90%→60%→80%→90%のようになっていた。
ところがここのところ寒波が押し寄せてきてついに湿度センサー数値が99になってしまった。
99ということは壮大に結露しているということ。こりゃやばい。

いそいで温度センサーをバイパスして屋根裏換気扇を動かそうとごそごそやったら...屋根裏換気扇が結露してる(@ @)

そりゃね...よく考えたら陸ガメのために加湿されてた二重窓の部屋の一箇所がプラスチックだけの屋根裏換気扇ならね...そこに結露しますよね。

とにかくそこは雑巾でフキフキして温度センサーをバイパスした後に電源ON!乾燥した外気が入ってくるからみるみる湿度が下がっていく。
秋冬肌寒し時期に温度連動で寒さを防ごうと考えたけれど、最低1日10分くらいは動かさないと駄目みたい。

プログラムタイマーで時刻設定→湿度センサーじゃないと駄目かなぁ。

犬を連れてほったらかし温泉へ

| コメント(0)

週末大雪だったので雪初体験のためほったらかし温泉へ
もちろん雪を体験するために下道で、予想通り山中湖が一番雪深くてフリー充電器のある山中湖観光案内所は積雪30cmくらい。
新雪の上に下ろしたら埋まって動かなくなってしまった。

tptyG.jpg

ペレットの種類で燃え方が違う

| コメント(0)

うちでは3種類のペレットを燃やした。

  • 富士山ペレット
    10kg500円の全木ペレット、全木だけれど「ホワイトペレット指定」のストーブでも燃焼できると書いてある。事実エコサーモ1000でも特に問題は出てない。
    富士総業のペレット工場(御殿場)で20袋購入した
  • ぬく森ペレット
    10kg600円(配達だと680円)のホワイトペレット、
    横浜ペレットで2袋購入した
  • ピュア1号
    10kg600円(配達だと680円)の全木ペレット
    横浜ペレットで2袋購入した

たぶん着火性や灰の量はどれも同じくらい、ただし富士山ペレットは炎が少ない。ガラスから見える立ち上る炎を楽しみたい場合は最小火力ではだめで2番目(5段階)にしないと見えない。最大火力にしてもそんなに炎は大きくない。一番炎が大きかったのはぬく森ペレット、これは最小火力でも恐ろしく炎があがる。購入するペレットでこんなに火力や炎の見た目が変わるとは思ってなかった。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。