アウトランダーPHEVの高速道路燃費(電池切れ時)

| コメント(0)

先日山梨県小淵沢から茅ヶ崎海岸まで(中央道→圏央道)高速道路を走ったとき、ナビのECO情報の履歴表示でじーっと燃費(ガソリン)を眺めていた。
ECO情報の履歴は5分ごとにグラフ表示される。(↓価格からはいしゃくした画像)

2331939_m.jpg


走行情報はオートクルーズ80km、タイヤが16inchのスタッドレス、車が少なく前に車はこない(ブレーキが利用されない)。もちろん途中でバッテリーは無くなり、エンジン直結走行となる。


ずーっと確認していると

・チャージを使うと燃費が10以下に落ちる(ただしバッテリーは増えるはず)。

・セーブを使うと13くらい

・どちらも使わないと(電池切れで自動エンジンON→OFFの繰り返し)の場合11くらい




通説のとおりセーブで走ると一番燃費がいいようだ。ただ純粋なガソリン燃費は13ということがわかった。


コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2016年6月15日 13:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自動水やり機 daisy.siの使い心地」です。

次のブログ記事は「インラインドリッパー発見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。