2016年4月アーカイブ

駐車場の横にあるバラと龍のひげに自動水やり機が欲しい。

普通なら水道直結のタイマー(タカギのやつとか)を購入して、あとはタイマーONしておけばよいのだが...水道がない。
仕方ないのでウォータータンク&ドリップでいこうかなと。
aliexpressで探すとこんなのがある。マイクロドリップで長い間(48hくらい?)潅水しつづけるものだと思う。

しかしこれじゃ48hしか持たない。もうちょっと長い間どうにかならないかなぁ?と
色々考えると要するに「必要ないときもずっとポタポタしている」から悪い。もっと【効率よく必要なときだけ】にして欲しい。
大雑把に言えばタイマーをつけて朝に1時間くらいポタポタ、そうすれば48h持つとすれば48日間持つはず!
でも電磁弁を動かすには6Vが必要で、いろいろギミックを考えたがうまくいきそうにない。なんとかならないかなぁ?とaliexpressやebay、amazon(アメリカ)をフラフラしていたらそのものずばりを見つけた。

Daisy.siというアイテムで、スロベニアの会社が作っているらしい。

乾電池2本で動くセンサー付電磁弁、土壌の水分量を検出して潅水またはタイマー設定による潅水が可能らしい。もちろん防水、スマホで設定を切り替えられて電池は2年ほど持つらしい。
電磁弁だかポンプや水道に接続するものではなく、水タンクから大気圧で送水する。つまり今回検討したウォータータンク&ドリップ方式にぴったり!
s-l1600.jpg

ちょっと難点なのは値段が24ユーロなこと、2つ購入して送料10ユーロ足して58ユーロ。だいたい7500円くらい。
これにウォータータンク&ドリップも購入するとなると...本当はタカギの潅水タイマーがいいよなぁ~(- -;

犬が散歩したがらない

| コメント(0)

うちに来たパグは5ヶ月までペットショップに居たためか外を怖がる。

おかげで散歩しようとしてもへっぴり腰で歩こうとしない。海に連れて行っても座り込む始末(- -;

14615471765780.jpg

パグが来た

| コメント(0)

結局上野の1wanで購入した。

お値段全部で13万。すごく高い(- -;

名前は「ぶーちゃん」だそうだ

14607031694940.jpg

犬を飼おうか迷う

| コメント(0)

犬を飼おうか。そう話でちらちらと子犬を見たり、里親会に行ったりしている。

しかしいまいち踏ん切りがつかない。ひとつにはぽーさん(リクガメ)がいること、そして生き物を買うということの責任から。
一度飼い始めたら10年は世話をしなければならない。薬代や定期的な注射、ごはんやペットアイテム代金...何より子犬の場合はとても高い!
パグがいい...と言うけれど30万くらいする。こまったなぁ


このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。