2015年4月アーカイブ

grafu.png

オンライン家計簿はいくつか試した。ここのは金融機関を登録すると自動的にデータを取得してきて「全体として」どうなっているか表示してくれる。
もちろん銀行の給与振込みや支払い履歴からクレジットカードの請求、証券会社の講座情報、はては確定拠出年金の情報まで一括で確認できる。

岐阜旅行

| コメント(0)

小淵沢経由で岐阜へ

2007年に偶然みかけた立山祭りを見ることが一番の目的で、あとは立ち寄り湯で味わい深かった槍見館、飛騨の温泉、白川郷の合掌造り...以前旅行したときとほとんど同じ内容のような。しかし雪が多くて昔旅行したときとは大きく違っていた。

前回はまったく気がつかなかったけれど、松本IC降りてしばらく走った安養寺というお寺の大枝垂桜
dsc_5030.jpg走っていくとすごい大きな桜が見えてきて「これはすごいぞ」と急遽立ち寄り。

41歳の誕生日

| コメント(0)

11008508_933041130069682_3842044574405490140_n.jpg

今日は41歳の誕生日。朝プレゼントをもらった。とても喜ばしい。

mod_rpafうまく動かない

| コメント(0)

今の128bitはsshリバースポートフォワード機能を使って運用してます。
atlantic.netというところの一番安いプラン(0.99$)を使い、そこへssh接続してリバースポートフォワード。こうすると自宅がプライベートアドレスしかなくても公開サーバを自宅内に置ける。

今の流行はクラウドとかvpsとかそういうものなのだけど、片手間に運用していてはサーバが壊れたとき困る。特に写真とメールが全消失するのは困る。だから自宅で運用しながら定期的にイメージバックアップを取得する。そうやって長年運用しつづけてきた。

sshリバースポートフォワードでうまく動き始めたと思ったら1つだけうまくいってないところが...それはapache2のlog。
logの接続元ipアドレスが全て127.0.0.1になってしまう。ログだからべつに構わないのだけれどなんとかならないか格闘してみた...が撃沈した。
リバースプロキシでも同様の問題が発生して、それに対処するmod_rpafというapache2のモジュール(他のページでは更新されてないと書いてあるがgithubに最新版があってraspberianでコンパイルできる)で解決できるらしい。でも甘かった。これはリバースプロキシーソフトがつけるヘッダを読み取って対処するものであってsshリバースポートフォワードにそんなものは無い。だからちゃんと導入してもアドレスは取れない。
なんとなくそんな気もしつつ導入してみたらやっぱりその通りだった(- -;

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。