raspberry piへsquidの代わりにpolipo導入

| コメント(0)

MVNO契約のスマホで圧縮proxyを利用しています。

一番簡単な利用方法はchromeブラウザでデータ圧縮を利用する。しかしchromeは広告ブロック機能が無い。だからHabit Browserというサードパーティーのブラウザ(簡単な広告ブロック機能があり、アプリケーション内にproxy設定機能がある)を利用しています。

スマホ--squid(キャッシュ担当)--ziproxy(圧縮担当)--インターネット
上記のようにwebデータを取得しています。(※ziproxyにはキャッシュ機能が無いため多段proxy化)

今日気がついたらpolipoというライトな個人ユーザー用キャッシュサーバがあるらしい。これは多人数で使うといろいろセキュリティ上問題があるらしいけれど、1人で使うには問題ない(そもそもユーザー端末側で動かす前提のソフトウェアらしい)...って書いてある。
さっそくraspberianにインストールして一時的を開始した。ちょっとつまづいたのはproxyポートの設定方法がわからなかったこと、これは/etc/polipo/configにproxyPort = 3128と記入すればよいらしい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2015年3月25日 11:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「面会交流」です。

次のブログ記事は「raspberry pi2のケース(FANつき)を購入したら爆音だった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。