Ubiquiti Nanostation M5 国コード

| コメント(3)

Ubiquiti Nanostation M5がうまく使えていない。
理由は簡単、5GHzは各国でちょっとづつ使えるチャンネルが異なり、日本で使うには「日本」を設定しないと駄目だから。
送信側が日本でしか使えないチャンネルの場合、受信側を米国にしたらそりゃ受信できないわけです。

M2(2.4GHz版)の方はJapanを選択できるのですが、M5はJapanがリストにない。
United Statesにしたら検出していたアクセスポイントが全部消えたくらいチャンネルがズレているらしい。

どの国がどのチャンネルなのかはっきりすればうまく設定できるはずなのだけれど...どうにも資料を発見できない。

appleのフォーラムにそれらしきディスカッションがあって

米国、カナダ:チャネル1〜11、36〜48、149〜165
日本:チャネル1〜13、36〜64、100〜140
ヨーロッパ:チャネル1〜13、36〜64、100〜112、132〜140
オーストラリア、香港、ニュージーランド:チャネル1〜13、36〜64、149〜165
1~13は2.4G帯、通常の5G帯は100~165

こんな感じらしい。
米国に設定するとチャンネルが完全にずれているから「アクセスポイントが全部消えた」というの納得。
ヨーロッパの国に合わせるのが一番互換性がいいのかなぁ?

コメント(3)

はじめまして。nano station M5を購入したものの、設定に困っております。
日本で使うなら、countryコードはどこの国に設定したらよろしいのでしょうか。
教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

私はM5使うの諦めて売ってしまいました。
面倒ですけれど、ひとつひとつあたっていった方が確実だとおもいます。 

なかなかハードルが高そうですね。。。返信ありがとうございました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2014年6月30日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モモちゃんと浜へ」です。

次のブログ記事は「江ノ島と龍口寺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。