Ubiquiti Nanostation M2 国コード切り替え

| コメント(0)

Nanostation M2は購入時のファームでは国コードJapanが選べないが、ファームを最新にするとJapanが選べる。そうすると出力が法令で定められた出力や周波数になる。もちろん周波数も切り替わっているはず。

たとえばNanostation M5(5GHz版)では国コードUKにしているときとUSにしているときの周波数が大きく違うようで、USにしたらアクセスポイント検出が0になった(@ @)。しかもUSにするとロックされて変更できない(FCCの認可要件で切り替え不可になる)。
アクセスポイントが検出できないということは...事実上使えなくなる。
かなしい...と思っていたら、どうやら管理画面からファクトリーリセットし、初期入力画面から国コードを切り替えるとUS以外に切り替えられた。

色々切り替えるとUSの出力が最も大きく、次はインドかなぁ?と。でも切り替えて出力を上げても周波数の設定が少し異なるらしく、そのまま通信品質が良くなるわけでもない。
無線は難しいんだなぁと思った。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2014年6月27日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の面会交流」です。

次のブログ記事は「R2 CVTオイル交換」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。