ESXi 5.1を使う

| コメント(0)

ついに業務上ESXi5.1を利用する機会を得た。
いままで個人ではVMWareServerで済ませてきたのはハードウェアが対応していないため、今回は仕事なのでちゃんとサポートされているハードウェアがある。
もちろんインストールはすんなり進み、使い始めると...

無料で出来るところは地雷が多い。
まずシンプロビジョニングにしたVMDKファイルをコピーしようとするとデカくなる。絶対にvCenter Convertor standaloneを使わざるえない。固定容量で150Gも転送したら時間が掛かりすぎる!

あとはウィルス対策?ESXi自体にウィルス対策ソフトをインストールしなければならないのか、不要なのかいまいちよくわからない。
どうやら?不要?という流れのようで...でもそれって管理LANを別にして「クリーンなLAN」を使う前提じゃないだろうか。うちは開発LAN上に管理コンソールへのLANもつながっているから「クリーン」じゃない。
そうなるとウィルス対策ソフトが必要なはずだが....この変開発サーバとして使うならMSのHyper-Vのほうが楽じゃないだろうか。Windowsが動いているからサーバープロテクトなりをインストールすれば済む。
もし次回仮想化ソフトの選定について質問されたらその辺りを助言してHyper-Vにしてもらうことにしよう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2014年4月 8日 11:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「tmlewinwでワイシャツ購入」です。

次のブログ記事は「ブドウのロックシードを持って面会交流へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。