2013年9月アーカイブ

自転車で鎌倉へ

| コメント(1)

彼岸花のシーズンになったので鎌倉へ自転車で赴いた。ちょうどアゲハチョウが来訪していてDP3でがんばって撮影してみました。

sdim0343.jpg

鎌倉は暑く、相変わらずの賑わい。
今回は今までと違い鎌倉から逗子へ抜け、朝比奈ICを通過して港南台経由で帰宅、かなりお尻が痛い(^ ^;
途中逗子で鎌倉ビールの醸造所を発見!ものすごく小さな醸造設備で農家の納屋くらいしかない。瓶詰め工程に使う設備が無いように見えたけれど外にはビールケースがあったので見えないところでやってるのだろう。
熟成タンクっぽいのが無かったので地下か半地下の設備があるのかもしれない。
醸造所にいくと麦芽のなんともいえない穀物の香り(いやなにおいではない)がするものだが、ここはそういう香りはしなかった。横浜ビールはかなりプンプンなのだが。なぜ?

3連休、ハロウィンライトアップされたリゾナーレを訪れた。
もちろん宿泊じゃなくて写真撮影のためだけ...最近はコーヒーも飲まない(- -;
中央正面にある円筒形の建物に魔女の影絵がライトアップされてくるくる動いていた。dsc_3849.jpg

3連休小淵沢にいたので予てから気になっていた軽井沢のアウトレットまで足を伸ばしてきた。片道2.5時間の下道の旅です(高速を使うとかなり迂回するので結果的に時間はかわらないです)。
軽井沢のアウトレットは「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」と言う名前で其の名の通りプリンスホテルにくっつく形で形成されている。なんと新幹線もすぐそばにある(道を挟んで反対側にあるから「すぐそば」だ)。

まず驚いたのは連休とはいえ人の多さ、まるで横浜ダイヤモンド地下街のような混雑で本当に驚いた。でもお店の中にはあまり人がいない...つまり高いんです。
アウトレットっぽくない整然とした商品の並べ方からして「高そうだ」と思いながら値段をチェックしていったところ「アウトレット品かほとんどない」と思いました。
ラルフローレンやブルックスブラザーズをチェックしたらアウトレット専売品(低価格ラインを定価で売っている)ばかり。御殿場ならたまには激安品が置いてあるのに。
結果的に何も買わず(ジュース一本も)帰ってくることになりましたとさ。

今月もまた面会交流の日が近づいてきた。
子供のことを思うと身勝手極まりない母親のことが憎く感じる。憎んではならないとわかっていても自分を優先して子供と父親を引き剥がすことを選択して...憎まないでいられるはずがない。私には約束を守らせ、自分は約束を守らない。お前も子供を奪われる苦しみを味わえと毎日考えている。

家では家で私の母親が勝手に部屋に入り物を漁る、夜中に発狂して大声をあげる。なのに病院には行かないし自分の気分がいいときだけ話しかけてくる。迷惑だ。早く死ねとしか思わない。

まるで私は奴隷のようだ、子供を奪われ、金を奪われ、迷惑な人間を押し付けられ...どんなに頑張っても無駄、無理、私には何の権利もなく義務しかない。
毎日毎日頭がおかしくなりそうだ。

奴隷の気持ちは奴隷になった者しかわるまい、奴隷になってみろ!

sdim0336.jpg

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。