空気清浄機のモジュール分離はやっぱり駄目だった!

| コメント(0)

キーとかシィーとか耳障りな音のする空気清浄機...対策のためあやしいモジュールを分離(そこへ伸びている電源コネクタを外した)して静かになったのですが...やっぱり駄目でした!

HEPAフィルターを使わない蜂の巣状の集塵フィルタータイプの空気清浄機なんですが、どうやら空気中の粒子をマイナス帯電させ、フィルター通過時に本体のプラス帯電している部位(蜂の巣状フィルター)へ吸着するという塩梅らしい。

つまり、音がでている部分は放電だったんです!

よーくよーくみたら放電の電極が...腐食して短くなってました(- -;
暗がりで見ると青い放電が...
たしかにフィルターの寿命は長い、でも放電電極針の寿命は永久じゃないらしい。こまったこまった

コメントする

このブログ記事について

このページは、powerpcが2013年6月23日 01:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旧サイトのdrupalデータ移行」です。

次のブログ記事は「自動車保険の更新がきた 等級プロテクトなくなってた!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。